蟹に見出すうまみ

私のおじいちゃんは蟹が大好物だった。

毎年正月には我が家にやってきて一緒に蟹を食べた。
私が初めて蟹を食べたときもおじいちゃんが一緒だった気がする。

普段の日常では食べれない蟹を初めて食べたときはなんとも言えない気持ちになった。
確かにおいしいのだけれど、高いお金を払うようなものなのだろうかと。
幼かった私にはその美味しさに気づけなかったのである。

それでもじいちゃんはうまいうまいと食べてたのを覚えている。
年齢を重ねて私も蟹の美味しさに気づき始めた。
幼かった私の舌も成熟してきたということだろう。

いずれは本場北海道の蟹を食べてみたい。
今はオンライン通販などで簡単に取り寄せることもできるが、是非とれたてピチピチの現地で頂きたいと思う。